最先端の医療として注目される治療法

TOPICS
最先端の医療として注目される治療法

化学療法と免疫細胞療法の医療行為の違い

ガン医療にいろんな治療法がありますが、多く使われるものに抗がん剤を使った化学療法があります。注射や点滴などを使った医療行為です。その似たようなガン医療が確立されようとしています。それは免疫細胞療法と呼ばれるものです。こちらも注射や点滴を使った医療行為です。どちらも傍から見ると似たようなものですが、その中身は大きく違っています。たとえば、抗がん剤ではガンによっては効果のあるものとないものがあります。実際に投薬してみなければ効果があるかわからないのです。その一方、免疫細胞療法は確実に効果があると言われています。そのため医療において無駄がなくなるわけです。

さらに、抗がん剤というのは副作用が強いというデメリットがあるのです。抜け毛や倦怠感、下痢・嘔吐・頭痛・全身の痛みとその症状は抗がん剤の種類と体質によっても違ってきますが、どれも辛いものです。一方、免疫細胞療法はほとんど副作用がないのです。そもそもがガン患者自らの免疫細胞を活用するため、副作用は愚かアレルギー反応もほとんどありません。そのため、ガン患者の身体的な負担もかからないのです。このように、化学療法も免疫細胞療法も注射や点滴といった同じような医療行為ですが、その内容は大きく違っています。さらなる免疫細胞療法の医療技術が進んでいけば、将来抗がん剤による医療行為のすべてが免疫細胞療法に切り替わってしまう可能性も決してゼロではないと思っています。

Copyright (C)2017最先端の医療として注目される治療法.All rights reserved.