最先端の医療として注目される治療法

TOPICS
最先端の医療として注目される治療法

がん患者の負担が小さい免疫細胞療法の医療

日本の三大死因の一つに数えられているガン(悪性新生物)というのは、近年の医療の進歩と共に決して治らない病気ではなくなってきました。ただし、治らないにしても今までは外科手術で直接ガン細胞を摘出したり、化学療法や放射線療法でガン細胞を死滅させる医療がメインでした。これには患者に大きな負担を与えるものだったのです。外科手術では時として体に大きな開腹手術も必要となりますし、化学療法や放射線療法では副作用が大きな問題となってきました。その負担はとても大きなものであり、多くのガン患者が苦しめられてきました。でも、そのようながん医療もう近い未来ではなくなる可能性も高まっています。というのも、免疫細胞療法という新しい医療が確立されようとしているからです。

この免疫細胞療法というのは、一言で言えば自分のなかにある免疫システムを使ってガン細胞を殺していくものです。免疫システムを用いるため、外科的な開腹手術をする必要はありません。さらにそもそも体内にある力を借りるのでガン抗生物質や放射線と違って副作用も全くと言っていいほどないのです。今までガン治療で苦しめられてきた患者にとっては正に夢の治療と言っても過言ではありません。そのため、がん患者の苦痛を大幅に減らすことができると現在日本だけでなく世界各国の医学会から注目されています。今後、この免疫細胞療法がきちんと確立されれば、ガンを怖れる時代でなくなる可能性もあると思います。

Copyright (C)2017最先端の医療として注目される治療法.All rights reserved.