最先端の医療として注目される治療法

TOPICS
最先端の医療として注目される治療法

医療における癌に対する免疫細胞療法

癌の三大治療法と言えば、手術による外科的治療法と、抗がん剤を用いる化学治療法と、患部に放射線をあてる放射線治療法があります。しかし、それぞれの治療法において欠点があり、外科的治療法においては、患部を取り除いたとしても転移が考えられ、また手術による侵襲(体を傷つけることにより、痛みや出血、発熱などの症状が出ること)や、合併症が起こる危険性がある。また、化学治療法では、抗がん剤を用いるとよく言われているのは、強い吐き気や髪が抜け落ちるなどの副作用が出る。また、骨髄を抑制されるので、白血球が減り感染を起こしやすくなったりします。放射線療法においても、効果的な癌とそうでない癌があり、効果があっても治癒にまで至りません。

そこで、これらの欠点や治療効果の増強と維持で開発されたのが、免疫細胞療法です。医療において、三大治療法と共に免疫細胞療法を併用し、最良の結果が得られるように推進されています。では、免疫細胞療法とは、どういったものかというと、簡単に言えば、人間の持つ免疫力を高め、病気を治すということです。免疫細胞療法にも幾つかの方法があります。例えば、自然免疫や獲得免疫を利用する方法。それから、白血球や抗体を利用する方法、それと癌を攻撃する白血球や抗体を作りだす方法です。免疫細胞療法の利点としては、正常な細胞を傷つけることがほとんどない。そして、副作用がない。欠点としては、まだあまり世間一般に知られていないことです。免疫細胞療法は、免疫を高めるため、新たな癌の再発防止にも効果があるとされています。

Copyright (C)2017最先端の医療として注目される治療法.All rights reserved.